ご存じですか?住宅リフォームで最も多い不具合は 雨漏り | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年08月30日
ご存じですか?住宅リフォームで最も多い不具合は 雨漏り

 ある程度の築年数がある家は、雨や雪、風、日差しなどの外部刺激によって劣化することは避けられません。日本は台風や大雪、地震、豪雨など自然災害の多い国なので、雨漏りしてしまう可能性も非常に高いです。


 そこで、安心して長く住み続けるために雨漏りの原因やリフォーム対策について解説していきましょう。

雨漏りは外壁からの原因が多い

 雨漏りとうと屋根から水がポタポタと落ちてくることを想像する方が多いと思いますが、雨漏りの原因は屋根だけではありません。最上階の上部以外から水が侵入している場合は、外壁のひび割れなどによる劣化原因であることがほとんどです。


 軽度な状態であれば修繕費用もそれほど多くかかりませんが、雨水の浸食がどんどんんでしまうと建物自体に大きな影響を与えてしまうことになるでしょう。

外壁の雨漏りは何が原因?

 外壁のコーキングは6年以上経過すると、劣化した部分から雨水が建物内に入り込みやすくなります。新しくコーキングを打ち直すことで雨水の侵入を食い止めることができますが、劣化した箇所だけでなく全体的にコーキングを打ち直すようにしてください。一緒に外壁塗装を行う場合は、コーキングが充填してから塗装することをおすすめします。


 また、外壁の雨漏りは外壁塗膜の劣化によっても起こります。塗膜の寿命はおよそ10年とわれているので、それを目安に塗り替えをしましょう。外壁に触れたときに手に白い粉のようなものが付着する場合は、チョーキング現象が起きている証拠です。この場合は塗膜が完全に劣化している可能性があるので、できるだけ早めに外壁塗装をするようにしてください。

雨漏りが発生している場合は早急に対処を

 屋根や外壁は築年数が長くなればなるほど、雨漏りのリスクが高くなります。場合によってはどの部分から雨漏りが起きているのか、原因がはっきりしない場合もあるでしょう。塗料材の寿命に合わせて定期的に屋根や外壁のリフォームを行うことが大切ですが、高額でも防水性の高い塗料材で施工することも重要です。


 名古屋市周辺に在住の方で雨漏りによる不具合でお悩みの方は、サンリツホームまでご相談ください。名古屋市は降水量が多い地域ですから屋根・外壁塗装することによって、防水対策としての効果も得られるはずです。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117