いつやる? 今でしょ!? リフォームに適した季節は「秋と春」 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年09月03日
いつやる? 今でしょ!? リフォームに適した季節は「秋と春」

店長 石田浩徳

いつやる? 今でしょ!?

リフォームに適した季節は「秋と春」

 皆さんこんにちは。いよいよ9月、今年ももう後半です。こうしてニュースレターを書いていると、1ヶ月の早さを身にしみて感じます。あれをやろう、これをやろう、と思っていてもあっという間に1ヶ月。いつまでにやろうと締め切りを決めて逆算していかないと、なかなか物事の実行は難しいようです。


 リフォームや修繕も同じかもしれませんね。「そろそろやりたいな」「いつかは直さないと」と思っていても、どうにもならなくなるまで数年放ったまま、こんな方も多いかと思います。そこで皆さんに、今回はリフォームに適した季節とその理由、そして工事に必要なおよその日数をお教えしたいと思います。

 

最適な季節、秋と春。これには物理的な理由があります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 タイトルからも想像できる通り、工事に適しているのはズバリ秋と春。そう、まさにこれからの季節です。厳密に言うと気温は15~30℃程度、湿度は20~60%程度のときが最も適しています。これには物理的な理由があります。


 リフォームには、塗料を塗ったり、コンクリートを固めたりという作業が必要ですが、どんなに高い技術をもつ職人が注意して作業しても、温度・湿度によるトラブルが避けられないこともあります。


 たとえば塗装では、湿度の高い時期に行うことで“艶引け”という現象が起こってしまう場合があります。これは、乾燥途中の塗膜表面に水滴が付いて光の反射量が減り、光沢が出にくくなることです。もし問題が起こっても再塗装で改善できますが、湿度の高い時期には注意が必要です。

 

 コンクリートは水とセメントを混ぜて固めますが、その際に重要なのが“ 硬化速度”。この時間は気温によって変化し、真冬や真夏など温度変化の激しい季節の工事では、“温度ひび割れ”と呼ばれる現象が起こりやすくなるため、細心の注意が必要になるのです。 


 また、リフォームの場合は住んだまま工事をすることが多いので、工期が長くなれば、住人のストレスも長くなってしまいます。


 では次に、外壁・屋根の両方を施工した場合の工程例と、各工事の工期目安をご紹介します。

高齢者世帯のお困りもお気軽に!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 家にとっても、住む人にとっても秋・春はリフォームにうってつけの時期です。リフォームなどをお考えの方は参考にしてみてくださいね。

 こうしたリフォームの悩みや相談は、いつでも気軽にサンリツホームにお声がけください。リフォームにいたらない、小さな修繕などにも喜んで駆けつけます。高齢世帯でお困りのことがあれば、そちらもお気軽にどうぞ。

 サンリツは「安心」と「信頼」をモットーとしております。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117