雨漏りしたら何からすべきか徹底解説 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年10月25日
雨漏りしたら何からすべきか徹底解説

 住まいのトラブルは経年劣化とともに様々な不具合が出てきますが、中でも急な雨漏りは何とかしたいと思っても原因や対処方法がわからずに戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか?


 そこで今回は、雨漏りが起こったときの応急処置についてご紹介していきます。

防水テープで隙間を埋める

 雨漏りが発生したらまずは屋内がぬれないよう対処する必要があります。雨漏りがどの箇所で起きているのか確認できたら、市販されている道具を使って応急処置を行ってください。


 ホームセンターで購入できる防水テープを使って対処していきますが、粘着力を高めるために雨漏り箇所の汚れを取り綺麗にしてからテープを貼り付けるようにします。そして、雨水が流れる方向を考え下部から上部にかけて隙間なく貼っていきましょう。

コーキング剤を使用する

 雨漏り箇所がわかっている場合は、コーキング剤を使って隙間を埋めることも可能です。コーキング剤を埋め込むときは、他の箇所にはみ出さないよう周辺部分をマスキングテープなどで覆っておくようにしてください。

 

 コーキング剤は接着力を強めるプライマーという液体を使用すると効果が高まりますが、見た目が悪くなってしまうので注意しましょう。雨漏りは応急処置をすることで被害を最小限に抑えることができます。

 

 しかし、一時的に雨漏りを食い止めるだけで根本的な問題を解決することはできません。場合によっては施行不良によって雨漏りが発生している可能性もあるので、自身で応急処置をすることによって反対に被害を広めてしまうデメリットも考えられます。ですから雨漏りに気づいたらできるだけ早い段階で専門業者に修理を依頼することをおすすめします。

雨漏り修理ならサンリツホームにお任せを

 外壁やサイディングは経年によって塗膜による防水性がとほんど機能しない状態に陥ってしまうものです。ですからコケやカビなどの繁殖、ひび割れ、コーキング劣化によって雨水が侵入してしまう可能性が十分にあります。


 名古屋市周辺にお住まいで雨漏り被害にお困りの方は、サンリツホームが早急に雨漏り修理を施しますのですぐにご相談ください。雨水の侵入が内部にまで浸食されてしまうと、大がかりな工事が必要になり費用も高くついてしまいます。


 できるだけ早めの点検やメンテナンスを心掛け、気になる点が見つかったときはサンリツホームまでお問い合わせください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117