後悔しないために!地震や豪雨・台風に備え外装リフォーム | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年10月30日
後悔しないために!地震や豪雨・台風に備え外装リフォーム

 近年は異常気象が多く、日本でもゲリラ豪雨の発生や竜巻、大型の台風、記録的な降雪などが様々な地域で発生しています。地震に関しても、大阪や北海道で発生するなどして大きな被害があり、不安を感じている方も多いです。


 名古屋市にお住まいの方々も様々なニュースを観て、防災グッズをそろえている、もしくは防災について話し合ったご家庭も多いでしょう。ですが、「家」について考えたことはありますか?


 地震などの自然災害から身を守ってもらうためにも、古くなった家であればリフォームを考えることは大切です。今回は、自然災害に備えた外装リフォームについて解説していきましょう。

窓を守って突風や大雨の被害を防ぐ

 日本各地で突風の被害やゲリラ豪雨による被害が伝えられていますが、突風や大雨から身を守るためには窓ガラスのリフォームを考えてみましょう。


 まずは、「シャッター」です。窓にシャッターを取り付けることで窓を守ることができ、突風による窓の破損を防ぐことができます。ブラインドタイプのシャッターやリモコンを使用して開閉ができる電動タイプなど種類も豊富なので、使いやすさなどによって選んでみましょう。また、耐震ガラスや防災ガラスもおすすめです。

 

ゲリラ豪雨に備えた雨どいリフォーム

 雨を集めて地面に排水することが目的の雨どいは、外壁の汚れを防ぐほか、床下への水の浸入を防ぐ役割も持っています。そのため、雨どいに落ち葉や砂などのゴミが詰まっていると水がうまく排出できなくなり、破損の原因となってしまうのです。


 そのまま放置してしまうと、自然災害が発生したときに住宅に被害を与えることにもつながるので、定期的に点検・メンテナンスをするようにしましょう。また、変形などの破損がある場合には雨どいの交換が必要になります。


 おすすめの素材としては頑丈で衝撃に強いスチールがおすすめで、積雪の多い地域にも向いているので、あらゆる異常気象から守ってくれるでしょう。

自然災害から身を守るリフォームについての相談はサンリツホームまで

 上記でご紹介したにも、生活用水の確保ができる雨水タンクの設置や防火性能を強化するための屋根・外壁のリフォームなど、様々な種類の外装リフォームがあります。


 サンリツホームでは、突発的に起こる自然災害から身を守るための安心なリフォーム方法についてご相談に応じますので、不安な点があればお気軽にご相談ください。チェック方法なども丁寧に解説させていただきます。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117