介護保険の対象となる住宅改修についてのご案内 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年11月05日
介護保険の対象となる住宅改修についてのご案内

 介護が必要な高齢者が住む住宅は段差のないバリアフリー化に改修することが必須の課題です。
住宅改修に関しては要介護者がいる場合「住宅改修費用助成制度」が適用できることをご存知でしょうか。


 今回は介護リフォームを検討中の方向けに介護保険制度を使った住宅改修について解説していきましょう。

介護保険制度とは

 介護保険制度とは要介護認定によって要介護1~5または要支援1か2に認定された方が対象となる制度です。

 

 要介護の区分状態に関係なく上限20万円の住宅改修費用が支給されるようになっています。20万円の範囲内であれば改修工事を数回に分けて使うことができます。1回に3段階要介護度が上がった場合や居住地の住所が変わった場合は再度利用可能です。

介護保険の対象となる住宅

 介護保険が適用される改修工事にはどのような種類があるのでしょうか?

・手すりの取付け
玄関や廊下浴室トイレなどに手すりの取付けを行う

・段差の解消
玄関や廊下居室浴室トイレ等の床の段差や傾斜を解消するための改修工事

・扉の取替え
開き戸を引き戸や折れ戸アコーディオンカーテンなどの扉に取り替える改修工事

・滑り止め防止や床材料への変更
転倒を避けるために滑り止めの床材に変更し移動を円滑にするための改修工事

・洋式便器の取替え
和式便器から洋式便器への取替え工事

 介護保険の給付は住宅改修後に支払われますが費用が20万円以上かかった場合は自己負担になるので注意してください。

介護リフォームならサンリツホームにお任せを

 介護リフォームは住宅の規模や間取りなどによって改修工事が必要となる部分が変わってきます。各家庭によって必要な介護リフォームの種類も変わってくることでしょう。


 介護が必要な家族がいる場合や将来の必要性を見据えてバリアフリーを検討している方は介護のための改修工事に手厚いリフォーム業者をお選びください。内装や外壁塗装に特化したサンリツホームではバリアフリーメニューを豊富に取りそろえています。


 名古屋市周辺にお住まいで介護リフォームを検討中の方はサンリツホームまでご相談ください。毎日の暮らしを少しでも快適にするためにお客様の要望やお悩みを解消するためのプランを複数提案させていただきます。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117