ベランダ(バルコニー)防水の概要、種類、特徴について解説 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年12月06日
ベランダ(バルコニー)防水の概要、種類、特徴について解説

 ベランダやバルコニーは、住宅の中でも外的環境の影響を直接受けてしまう場所です。そのため、経年劣化が進んでしまいやすい場所でもあります。経年劣化を放置してしまうと、雨漏りの原因にもなってしまうことでしょう。


 今回は、ベランダ(バルコニー)防水の概要や種類、特徴についてご紹介していきます。

 

ベランダ(バルコニー)防水の概要

 ベランダ防水は、下地となっている防水層の上にトップコートを塗って構成しています。前述したように、外壁や屋根と同様に経年劣化しやすい場所でもあるため、放置してしまうと雨漏りの原因となってしまうでしょう。


 ベランダの防水塗装をする際には、トップコート表面のみの劣化なのか、トップコート下の防水層から劣化してしまっているのかが重要になってきます。トップコート表面のみの劣化であれば、塗り直しをするだけなので施工も簡単に済み、費用も抑えられますが、防水層からの劣化となると防水層自体の補修をしなくてはならないため、施工にも日数がかかり、費用も表面のみの施工以上にかかるでしょう。


 ベランダ防水は、なるべく放置せず早めに防水塗装をすることが大切になります。

防水工法の種類

 防水工法には、FRP防水やウレタン防水、アスファルト防水、シート防水の4種類があります。FRP防水とウレタン防水は、ほとんどの木造戸建て住宅に使用されており、アスファルト防水やシート防水は、マンション・ビルの屋上や鉄筋コンクリート住宅のベランダに使用される防水工法です。


 主流の防水工法であるFRP防水工法は、不飽和ポリエステル樹脂にガラス繊維を組み合わせているガラス繊維強化プラスチックを使用し、耐水・耐蝕・耐候性のある防水層を作り上げることができます。


 ウレタン防水工法は、液体状のウレタン樹脂を塗りつけることで、主剤と硬化剤の化学反応を起こさせてウレタンゴムを生成することができ、軽量で弾力性のある防水層を作ることが可能です。

2つの工法の特徴

 一般的に使用されているFRP防水工法とウレタン防水工法の特徴についてを下記にまとめたので、ベランダ防水を検討されている方はどちらを取り入れるか、ぜひ比較してみてください。

<FRP防水工法>
・軽量で強靭・追従性・耐水性・耐久性に優れている
・紫外線への耐性は低いため、紫外線に当たり過ぎてしまうと劣化が進みやすい
・乾きが早く、施工期間が短く済む
・ウレタン防水に比べて費用が高い

<ウレタン防水工法>
・軽量で弾力性・耐候性に優れている
・FRP防水よりも劣化が早い
・乾きにくく施工期間が長くなる
・FRP防水よりも費用が安く済む

 防水機能が低下しているベランダやバルコニーに水が溜まってしまうと、屋内に侵入し雨漏りの原因となってしまうケースがあります。


 名古屋周辺にお住まいで、ベランダ(バルコニー)防水を検討されている方は、ぜひサンリツホームへお気軽にご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117