玄関ドアの塗装はプロに任せるのがオススメです! | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2019年02月12日
玄関ドアの塗装はプロに任せるのがオススメです!

 家の顔である玄関ドアは、家全体の印象を左右します。玄関ドアの塗装が剥がれた、玄関ドアの雰囲気を変えたいなど、玄関ドアのDIY塗装を検討する方は多いでしょう。


 実は、玄関ドアの塗装こそプロに任せるのがオススメです。

DIYで玄関ドアを塗装する手順


 DIYで玄関ドアを塗装する場合には、どのような手順が必要でしょう。木製ドアを例に確認してみましょう。


 まず、サンドペーパーやパテなどを使用し下地処理を行います。次に、マスキングテープなどを使い、ドアノブ・覗き穴・床などに塗料がつかないように養生します。刷毛・ローラーで下塗りし、乾いたら上塗りを行います。はみ出した部分を、ペイント薄め液で拭き取って仕上げます。


 以上の流れで塗装を行った場合、工期は約2~4日となります。ちなみに、アルミ製ドアの塗装は難易度が高いため、DIY塗装は避けた方が良いでしょう。

DIY塗装が長持ちしない理由


 実際に玄関ドアのDIY塗装にチャレンジした方の中には、2~3年で塗装が剥がれてしまいショックを受ける方が多く見られます。手間と時間をかけたDIY塗装が、たった2~3年で剥がれてしまうことにガッカリしてしまうでしょう。


 なぜ、DIY塗装の塗膜は長持ちしにくいのでしょうか?


 実は、塗装では塗料をいかに塗るかではなく、いかに剥がすかが問題なのです。古い塗膜をしっかりと取り除かないと、古い塗膜に新しい塗装が乗った状態になってしまい剥がれやすくなります。古い塗装を剥がすためには、剥離剤が必要です。


 皮膚の炎症、有機溶剤中毒症などの危険がある剥離剤の使用は、DIY塗装では使用しにくいため、古い塗膜が残ってしまい新しい塗装が長持ちしにくいのです。

プロならデザイン塗装も可能


 長持ちする塗装を目指すなら、プロに任せましょう。同じ色味の塗装でもプロならデザイン塗装が可能です。無地の玄関ドアとデザイン塗装を施した玄関ドアでは印象が全く異なります。


 一般的な無地の玄関ドアとは一味違う、オシャレな玄関に仕上げたいなら、デザイン塗装がオススメです。失敗したくない玄関塗装は、外壁との相性なども含めてプロに相談すると安心です。

 サンリツホームでは様々なリフォーム案件をお取扱いしています。家の顔である玄関は、ぜひ定期的にメンテナンスしたいものです。


 名古屋近郊で玄関ドア塗装についてお悩みの際には、ぜひサンリツホームまでお気軽にご相談ください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117