外壁「ガルバリウム鋼鈑」がおすすめな理由 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2019年06月21日
外壁「ガルバリウム鋼鈑」がおすすめな理由

 建物の屋根と外壁などはセットで「外装」と呼ばれています。近年ではシンプルモダンな雰囲気の家を建てる人が多くなり、外壁材に「ガルバリウム鋼板」が使用されるようになりました。


 見た目もシャープでスッキリとした印象になるため、スタイリッシュなデザインの家を求める人にとってはおすすめの外壁材と言えます。

 

ガルバリウム鋼板の外壁は低コスト

 ガルバリウムとは、鉄板にアルミニウムと亜鉛、ケイ素などを吹き付けてメッキしたものを指します。アルミニウムによって強い皮膜を作り、高い防食性があります。


 また価格を安く抑えられるため、広い面積を覆う建材として使う人が多いです。相場は1平方メートル当たり約5,000円~6,000円となっています。

 

ガルバリウムの評判は?

 外装をガルバリウムにしようと思ったことがあるという意見の中には、最近のカフェや雑貨屋などに多く見られるため、通常のサイディングよりオシャレに見え、さらに安価で錆びにくく、軽量で家に負担がかからないといったものが目立ちます。


 このように、見た目とコスト、さらに耐久性の3つのポイントがガルバリウム鋼板の魅力なのです。ガルバリウムを選ぶ人はモダンでおしゃれな外壁に見せたい人や、メンテナンスも含めたコストを削減したい人、耐久性を一番に考える人など、外壁にこだわりのある人が多いです。

 

サイディングよりも優れている?

 基本的にサイディングと呼ばれるものは、セメントを主原料とした板状の外壁材で、壁面に1枚ずつ貼り付けて施工します。そのため、サイディングとサイディングの間にはコーキングと言われる継ぎ目ができます。サイディングの欠点は、その継ぎ目がサイディング本体よりも先に劣化してしまうことです。


 ガルバリウムも金属系サイディングの一種と言えますが、コーキングの必要はありません。さらに窯業系サイディングは1枚1枚が重たいですが、ガルバリウムは軽量で、建物に負担をかけません。その分だけ耐震性も高いと言えます。

 

 外壁をガルバリウム鋼鈑にリフォームしたいとお考えの方は、事例や最新商品の紹介を行う名古屋の「サンリツホーム」まで、ぜひお気軽にお尋ねください。


 ご相談は無料で承っております。お客様一人ひとりの暮らしに寄り添ったご提案をさせていただきます。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117