台風シーズン前に要チェック 屋根・外壁・窓の 安全対策 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2019年08月01日
台風シーズン前に要チェック 屋根・外壁・窓の 安全対策

台風シーズン前に要チェック

台風・大雨の被害による修理には、「火災保険」が適用できるんです!

店長 石田浩徳

 

 家周りの台風被害は、事前の点検や対策をしっかり行うことで、被害を防いだり抑えたりすることが可能です。万一の場合に備えて、適切なチェックと対策をぬかりなく進めておきましょう。


 ●台風被害は自宅だけでなく、
 ご近所にまで及ぶことも

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「台風後は、壊れてしまった家の修繕や補修など、リフォーム依頼が急増する傾向があります。


 気になるのは、自宅だけでなく周りの家にまで被害を及ぼしてしまう危険性があること。いつもは良好なご近所付き合いの間柄でも、屋根瓦が飛んで隣家の窓を割ったり、思いもよらない迷惑をかけてしまったりしては大変です。


 特に被害を受けやすい屋根・外壁・窓について、一度念入りにチェックしておきましょう。

 
●台風から屋根を守るため、
 瓦や板金、雨どい点検を怠らずに
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 被害で多いのは、屋根板金が風でめくれてしまうケース。板金の芯材が腐食していると、少しの風でも外れやすくなります。

 築15年以上、前の点検から10年以上経過している場合は、屋根板金の様子をしっかり確認しておくべきでしょう。屋根瓦は一枚でも欠けていると、そこから雨漏り被害がひどくなる恐れもあります。見つけたら早めの補修を。

 また、雨どいのつまりは雨漏りの原因にもなり、早めのつまり除去が必要です。ただ高所の作業は危険が伴うもの。屋根全体のチェックと合わせて、できれば専門の業者に依頼するなど、万全を期すことをおすすめします。
 
 
 
●横殴りの雨だと外壁から雨水侵入も。
 ヒビ割れや隙間は要チェック
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 台風の特徴は横殴りの雨風。いつもは濡れない外壁にも直接雨風が打ちつけるので、思わぬ箇所から雨水が入り込むこともあります。外壁をくまなくチェックして、ヒビが入っていたり、隙間ができたりしていないかを確認しておきましょう。

 外壁に開けた電線や配管の穴も要チェックです。埋め込んだコーキング剤が劣化していると、雨水が線を伝って中に入り込むケースもあります。
隙間やビ割れはないか、点検しておくことが大事です。
 
 
●窓は、ガラスもサッシも周辺もく
 まなくチェック。雨戸点検も忘れずに
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 窓は、飛来物がぶつかって割るケースが多いですが、立て付けがゆるくなっていると窓自体が外れる可能性もあります。
 
 窓ガラスのグラつき、サッシ周りの隙間などを要確認。窓周辺のすだれや植木鉢、物干しなど、飛ばされやすいものは台風時には必ず取り除いておくこと。また緑のカーテンなど取り外しが難しいものは、ワイヤーやビニールひもなどでしっかり固定しておくことが必要です。

 雨戸は、レールの傷みやグラつきなどがないか、事前にチェック。レールが傷んでスムーズな出し入れができない際は、早めにリフォーム依頼をすることが必要です。
 

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117