実施する人が増えつつある。”家を長持ちさせる”リフォーム! | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2019年09月02日
実施する人が増えつつある。”家を長持ちさせる”リフォーム!

実施する人が増えつつある。

”家を長持ちさせる”リフォーム!

店長 石田浩徳

 

 「住宅市場動向調査」によると、住宅リフォームの動機に変化の兆しが見られます。増加傾向にある「家を長持ちさせるため」という理由は、何を意味するのでしょうか。


 ●住宅の老朽化を改善するだけではない、
 家を長持ち&より良くするリフォーム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 国土交通省が発表した「平成29年度住宅市場動向調査」。この資料の中で、リフォームについて興味深い調査結果がありました。調査の対象は、三大都市圏でリフォームを行った世帯。それらの人たちにリフォームの動機を尋ねたところ、以下のような回答が得られました。

 


 「住宅のいたみや汚れ」という動機は、過去数年の調査でもずっと1位です。2位の「家を長持ちさせる」は、前回調査から「台所・浴室・給湯器などの設備が不十分」を上回るようになりました。また、4位の「不満はないがよい住宅にしたかった」は、順位こそ上位3つの動機には及ばないものの、前回調査から大きく数値を伸ばしています。

 
●長持ちさせたい気持ちが読み取れる、
 具体的なリフォーム内容
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「家を長持ちさせたい」「もっと良い住宅にしたい」という動機が増えているという事実は、具体的なリフォーム内容にも現れています。

 どの部分をリフォームしたかを尋ねた調査結果は、それを裏付けるものになっています。
 
 
 
 
 住宅内の設備リフォームでは、大多数が「台所・便所・浴室等」の水まわりを改善。また住宅の構造では、「断熱工事、結露防止工事」「基礎・構造の補強」が上位を占めており、どの内容も今の住宅をもっと長持ちさせるために必要なリフォーム工事と言えるでしょう。
 
●自分らしく、心地よく、
 より積極的なリフォームへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  リフォームを行う理由でもっとも多いのは、「住宅や設備の老朽化」であることは変わりありません。家のあちこちが古くなったり壊れたりして、毎日の暮らしに支障が出てしまうのを防ぐためのリフォーム。それは必要に迫られて行うものです。
 

 その一方で、「家を長持ちさせるため」「不満はなかったがよい住宅にしたかった」という理由が徐々に増えていることも、時代の流れであると言えます。毎日過ごす空間だからこそ、もっと自分好みに変更したい。長生きしても心地よく暮らせるように、長く住み続けられるようにしておきたい。子どもが独立したら、セカンドライフのために家を見直したい。そういったライフスタイルを追い求める人の増加が、積極的にリフォームを進めたいという流れをつくっていると思われます。

 「生活に支障を来す箇所の改修」から、「自分たちらしさを表現するために手をかける」リフォームへ。これからのリフォームの目的が、どう変わっていくのか。関心をもって見つめていきたいものです。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117