11月は七五三 昔も今も子の成長を願う心は変わらない | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2019年11月01日
11月は七五三 昔も今も子の成長を願う心は変わらない

11月は七五三

昔も今も子の成長を願う心は変わらない

店長 石田浩徳

 

  7 歳・5 歳・3 歳の子どもの成長をお祝いする年中行事である七五三。毎年11月15日前後になると、各地の神社などは七五三詣でをする家族連れで賑わいます。今回は七五三の由来やお祝いの仕方などについてご紹介します。


 ●七五三の歴史と由来

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 天和元年(1681年)に徳川綱吉の長男である徳川徳松の健康祈願をしたことが、七五三のはじまりという説が有力です。


 旧暦の11月は、収穫を終えその実りを神に感謝する月。その月の満月の日である1 5日に、氏神への感謝とともに子の成長を感謝し、加護を祈るようになったと言われています。


 元々は公家や武家で行われていた「髪置き」「袴着」「帯解き」という異なる儀式だったものが、庶民の風習であった子どもの年祝いと融合して、一つの儀式・行事となっていきました。


 昔は乳幼児の生存率が低く、子どもが健やかに育つことに切なる思いがあったのでしょう。7歳・5歳・3歳という年齢は、奇数を縁起の良い数とする陰陽道に由来するとされています。

 
●年齢ごとの衣装やお祝いの仕方
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 本来は、それぞれの年齢で目的やお祝いの仕方が異なる行事でしたが、現在では3 回とも同じ行事のようになっているケースが多いようです。ここでは、各年齢の元々の習わしや衣装についてまとめてみました。
 
 
 
 
●今どきの七五三の風景方
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 古式ゆかしき伝統を守る七五三もあれば、現代風にアレンジしながら家族・親族で楽しむ七五三もあります。

 本来は数え年でお祝いしますが、最近では満年齢で祝うことが多くなりました。歳の近い兄弟姉妹がいる場合は、お兄ちゃんは数え年、妹は満年齢で一緒にお祝いするというケースも。

 日程は11月15日が基本ですが、その前後の土日など臨機応変にお祝いする人も大勢います。

 衣装についても、和装が本来の正装ではあるものの、洋装・洋服を晴れ着とする人も増えています。昨今は写真撮影や貸衣装のサービスを利用して、ハレの日のかわいいおめかしを楽しんでいるようです。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117