女の子の健やかな成長を祈る 桃の節句ひな祭り | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2020年03月02日
女の子の健やかな成長を祈る 桃の節句ひな祭り

女の子の健やかな成長を祈る

桃の節句ひな祭り

 

●諸説あるひな祭りの起源

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 店長 石田浩徳ひな祭りの起源を調べてみると、いくつかの説があります。一つは、古代中国の「上巳節」に基づくというもの。上巳(じょうし・じょうみ)とは旧暦三月の最初の巳の日のことで、元は女の子を祝う祭りではなく、無病息災を祈祷する春の厄払い行事でした。
 もう一つ、平安時代に京の都で、貴族の子女たちが行う雅びな遊びとして始まった、という記録も残っています。最初は儀式ではなく遊びだったことから、今もひな祭りを「ひなあそび」と呼ぶ習慣もあるようです。
 そして江戸時代になり、五節句が定められた際に、5月5日端午の節句が男の子の節句、それに対して3月3日(上巳の節句)が女の子の節句として定着したのです。

 
●ひな人形のはじまりと歴史
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 おひなさま=ひな人形のはじまりは、元々は平安時代の宮中行事で行われていた「人形流し」にさかのぼります。人形(ひとがた)にケガレを移して川や海に流す身代わり信仰の一つとして、3月だけでなく夏越し(6月)と年越し( 1 2 月)の祓いとしても行われていました。この風習は今も「流し雛」として一部の地域で受け継がれています。
 人形づくりの技術が発展し、人形は流すものから飾るものへと変わっていきました。内裏雛(だいりびな)の男雛と女雛、三人官女、五人囃子といった「ひな人形」をひな壇に飾る形式が流行し、やがて「ひな祭り」として女の子の幸せを祝う行事となりました。
 
●ひな祭りを祝う食べ物 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 春を寿ぎ、女の子の幸せを祝うひな祭り。3 月ならではの色彩や食べ物が、ひな祭りを鮮やかに彩っています。
 
 
 
●令和時代のひな祭り風景 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  古来から続く行事が、時代とともに様変わりしています。ひな祭りも例外ではありません。昨今の住宅事情などから、豪華な七壇飾りのひな人形もあれば、男雛と女雛のコンパクトなケース飾りが人気となっていたり、おひなさまの顔にも様々なバリエーションが見られます。
 ただ、変わらないのは、わが子の健やかな成長を願う親心。家族みんなで思いをこめて、春のお祝いを楽しみましょう。
 

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117