長い昼と短い夜をいつくしむ 夏至は夏の盛りへの一里塚 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2020年06月01日
長い昼と短い夜をいつくしむ 夏至は夏の盛りへの一里塚

長い昼と短い夜をいつくしむ

夏至は夏の盛りへの一

店長 石田浩徳 

 

 日本の夏至。文字通り、梅雨の最中からだんだんと夏の盛りへと至る日。2020年の夏至は6月21日(日)とされてい ています。今回は、夏至の由来や各地の風習、そして日本ならではの夏至の楽しみ方についてご紹介します。

 

 

 

●夏至の基礎知識 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 地球の北半球において、1年のうちで昼の時間が最も長い日が夏至です。昼の時間とは、日の出から日没まで。最も昼の時間が短い冬至の日と比べると、北海道の根室では約6時間半、東京で、4時間40分ほど昼間が長くなります。 
 
 そして夏至は、太陽の位置が1番高くなる日でもあります。晴れた夏至の正午あたりに日向に出てみると、足元の影がとても短いのがわかります。 
 
 夏至は二十四節気の一つです。二十四節気とは、1年を春夏秋冬の4つに分け、さらにそれぞれを6つに分けた「節」「節気」のこと。ちなみに夏至の前後の節気は、「芒種(ぼうしゅ)」(6 月6日頃)、「小暑(しょうしょ)」(7月7日頃)になります。ここ50年ほどは、日本の夏至は6月21日か22日になっています。
 
 
●夏至と冬至  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 1年で最も昼の時間が長い夏至と、最も短い冬至。北極あたりでは、夏至の頃は1日じゅう昼ばかりで、反対に冬至の頃は夜ばかりになります。
 
 これは、地球の地軸がやや傾いていることが理由です。日本のある北半球と南半球では、この 一般的には、長い昼の方に関心が行きがちなところを、夜の 様子が逆転します。南半球だと、1年で最も昼の時間が長い 短さに焦点を当ててみるのは、古来、日本人の持つきめ細 のが冬至、最も短いのが夏至ということですね。 
 
 夏至も冬至も、太陽の様子が大きく関わってきます。このため、夏至は「太陽の力が1番強まる日」、冬至は「太陽の力が1番弱まる日」と捉えられています。冬至にゆず湯に入ったりするのも、厄除けと同時に、日差しの少ない時期に体を温めて元気になる、という考えによるものなのです。
 
 
 
 
●各地の夏至の習わし 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 太陽の生命力を得るための夏至の祭りは、世界各地で行われています。日本では、伊勢市で行われている「夏至祭」が有名です。祭の場所は、猿田彦大神を祀る二見興玉(ふたみおきたま)神社。伊勢神宮参拝の際には、神社のある二見浦で心身を清めることでも知られています。夏至の時期には、二見浦にある夫婦岩の間から朝日が昇る様子を見ることができます。太陽の力が最大になると言われる夏至の日に、昇る朝日を浴びながら禊を行うという、神秘的な意味が込められています。

 北欧スウェーデンの夏至祭は、農作物の収穫や、子孫繁栄への願いを込めて盛大にお祝いします。この日は祝日となり、広場で絃楽器やアコーディオンの演奏に合わせて、民族衣装をまとった大勢の人が輪になって踊ります。中でもスウェーデンのレクサンドという街には毎年多くの観光客が
訪れ、太陽の下で喜びを分かち合うのです。
 
 
●日本人が愛した夏至の風流 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  昼が長く、夜が短い夏至の頃をたとえた「短夜(みじかよ)」という言葉は、夏の季語として親しまれており、有名な俳人たちも、「短夜」を使った句をいくつも書き記しています。
 
短夜やくねり
盛の女郎花
(小林一茶)
短夜や駅路の
鈴の耳につく
(松尾芭蕉)
短夜や毛虫の
上に露の玉
(与謝蕪村)
 
 一般的には、長い昼の方に関心が行きがちなところを、夜の短さに焦点を当ててみるのは、古来、日本人の持つきめ細やかさを表しているのかもしれませんね。
 

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117