七夕の夜、星に願いを 夏の夜空に 輝く星々の物語 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2020年07月01日
七夕の夜、星に願いを 夏の夜空に 輝く星々の物語

七夕の夜、星に願いを

夏の夜空に 輝く星々の物語

店長 石田浩徳 

 

 7月7日は七夕(たなばた)。織姫と彦星が1年に1度きりの逢瀬をかなえる日であり、笹の葉に飾った短冊に願い事を書いてお星様にお願いする日です。今回は、七夕の由来や行事の意味についてご紹介していきましょう。

 

 

 

●七夕の由来や伝承 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  七夕のルーツをたどると、中国の七夕伝説に行き当たります。曰く、「天の川の西に住む機織り上手な織姫と、東に住む牛使いの彦星が、天帝のすすめで結婚。ところが2人は仲が良すぎて働かなくなり、怒った天帝が2人を離れ離れに。
 
 ところが今度は2人は悲しみに暮れてますます働かなくなってしまう。そこで、仕事に励むことを条件に、2人は年に1度だけ
再会を許される。七夕の夜、カササギに乗って天の川を渡り、2人は再会を果たす」というのが大まかなストーリーです。

 2人の逢瀬を祝い、中国で「乞巧奠」(きっこうでん)という行事が催されるようになりました。奈良時代に遣唐使がこの行事を日本に伝え、宮中行事となります。詩歌や裁縫の上達を願い、星に祈りを捧げていたとのこと。こうした習わしが現代の七夕祭りとつながっているようです。
 
 
●七夕と夜空の星  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  七夕は「笹の節句」や「星祭り」とも言われます。日本の七夕祭りは新暦の7 月7日や1ヶ月遅れの8 月7日に開催されることが多く、またお盆の8 月1 5日前後に行われる地域もあります。現代の7月7日はまだ梅雨の時期でもあり、8月の方が夜空の星々を美しく見られそうですね。

 夏の晴れた夜、東の空を見上げてみると、物語の主人公たちを見つけることができます。無数の星がきらめく天の川、その東側にある琴座のベガが織姫(織女星)で、やや西側に位置する鷲座のアルタイルが彦星(牽牛星)す。

さらにこの2 つの星と白鳥座のデネブを結んだものが「夏の大三角形」。夏の星座の代名詞です。白鳥座は、2人の橋渡し役であるカササギです。
 
 
●各地の夏至の習わし 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 太陽の生命力を得るための夏至の祭りは、世界各地で行われています。日本では、伊勢市で行われている「夏至祭」が有名です。祭の場所は、猿田彦大神を祀る二見興玉(ふたみおきたま)神社。伊勢神宮参拝の際には、神社のある二見浦で心身を清めることでも知られています。夏至の時期には、二見浦にある夫婦岩の間から朝日が昇る様子を見ることができます。太陽の力が最大になると言われる夏至の日に、昇る朝日を浴びながら禊を行うという、神秘的な意味が込められています。

 北欧スウェーデンの夏至祭は、農作物の収穫や、子孫繁栄への願いを込めて盛大にお祝いします。この日は祝日となり、広場で絃楽器やアコーディオンの演奏に合わせて、民族衣装をまとった大勢の人が輪になって踊ります。中でもスウェーデンのレクサンドという街には毎年多くの観光客が
訪れ、太陽の下で喜びを分かち合うのです。
 
 
●七夕飾りの意味 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  笹竹に短冊を吊るして願い事をするようになったのは、江戸時代からと言われています。手習い事の習慣や寺子屋での学びが増えたことで、もっと上達したいという願いを、したためるようになったのかもしれません。
 

「五色」の短冊は、中国の陰陽五行にちなんで「青・赤・黄・白・黒」となりました。
これらの5色は順に「木・火・土・金・水」を表しています。

 

「吹き流し」は、
織姫の織糸を表したもの。上記の5色を使い、魔除けの意味合いもあります。

 

「神御衣(かみこ)」は、
裁縫の上達を祈願するもので、着るものに困らなくなると言われています。
「網飾り」は、
魚を獲る網を表しています。
作物の豊年豊作・大漁を祈っています。
「財布」や「巾着」
飾る場合もあります。文字どおり、金運上昇を願うものです。
 
 
●日本各地の七夕祭り 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本各地で毎年様々な七夕祭りが行われています。その中でも有名な祭りをピックアップしてみました。
 
仙台七夕まつり(宮城県仙台市):8月6~8日に開催。東北三大祭りの
 1つで、来場者は200万人以上。街じゅうに大きな飾り付けが行われる。
湘南ひらつか七夕まつり(神奈川県平塚市):7月上旬に開催。
 3000本以上の七夕飾りが街を彩り、電飾がなされた飾りは夜も楽しめる。
一宮七夕まつり(愛知県一宮市):7月下旬に開催。
 伝統的な吹き流し飾りが有名。来場者数も100万人以上を数える。
 
 残念ながら、この夏(令和2年)に関しては、新型コロナウィルスの影響で各地の七夕祭りも中止が相次いでいます。祭りの賑わいはおあずけですが、夏の夜空を眺めながら大いなる星々のロマンに思いを、はせてみてはいかがでしょうか。
 
 

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117