11月の祝日あれこれ 文化の日&勤労感謝の日 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2020年11月02日
11月の祝日あれこれ 文化の日&勤労感謝の日

11月の祝日あれこれ

文化の日&勤労感謝の日

店長 石田浩徳 

 

 11月の国民の祝日は2回あります。3日の「文化の日」と、23日の「勤労感謝の日」。休みの日に心身を休めたり、趣味や家族サービスを楽しめたりするのもいいけれど、祝日の意味や由来に思いを巡らせてみるのもいいですよ。

 

●「文化の日」の由来
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 1 1 月3日は明治天皇の誕生日にあたります。そのため第二次大戦の前は「明治節」と呼ばれていました。明治天皇が崩御された後、11月3日を祝日にしたいという世論が高まり、まずは昭和2年に「明治節」として制定されたのです。

 その後、昭和21年11月3日に日本国憲法が公布されました(憲法施行は昭和22年の5月3日)。日本国憲法が平和と文化を重視していることから、続く昭和23年に公布・施行された祝日法で「文化の日」として定められました。
 
 文化の日は、「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」となっています。元々の「明治節」の日と重なった理由は、公式な記録には残っていないようですが、海外から異文化が流入し、近代文化が大きく発展した明治時代を念頭に定められたからという説もあります。
 
●文化の日の行事
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 文化の日には、全国で多彩な催しが行われます。

皇居にて文化勲章の「親授式」開催
海上自衛隊で、基地や港に停泊中の自衛艦において「満艦飾」開催
文化庁主催による「芸術祭」開催(文化の日を中心に)
日本武道館などで「全日本剣道選手権大会」開催
 
 全国各地の博物館や美術館では、文化の日にあわせたイベントや、入館料無料などを実施するところもあります。
 
 ただ現在はコロナ禍ということもあり、残念ながら各催しは調整中(中止や未定)のものもあるようです。このように、本来は様々なかたちで、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ための取り組みが行われているのです。
 
 
●「勤労感謝の日」の由来 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 11月23日は「勤労感謝の日」。祝日法によれば、「勤労をたっとび、生産を祝い、たがいに感謝しあう」ことが趣旨だとされています。

 勤労感謝の日は、古くは「新嘗祭(にいなめさい)」に由来します。古来より稲作を重点的に行ってきた日本では、イネを筆頭に五穀の収穫を神に感謝するという風習がありました。新嘗祭(にいなめさい)も、収穫物への感謝をあらわす行事として、飛鳥時代に始まったと言われています。

 現在でも新嘗祭は宮中をはじめ全国各地の神社で行われています。特に、新しい天皇が即位された後で初めて営まれる新嘗祭は「大嘗祭(だいじょうさい)」と呼ばれ、大規模に行われるもの。記憶に新しいところでは、令和元年11月に行われた令和の大嘗祭(だいじょうさい)があります。長い伝統を踏まえたかたちで行われる大嘗祭は、時代(元号)の節目の大きな行事と言えるでしょう。

 新嘗祭が勤労感謝の日と改められたのは、昭和23年です。当時のGHQ軍(連合国軍最高司令官総司令部)により、新嘗祭は天皇行事・国事行為から切り離されることとなり、その際に「Labor Thanksgiving Day」を和訳した言葉が「勤労感謝の日」となったと言われています。
 
●勤労感謝の日に考えたい、日本のこころ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 現在の勤労感謝の日は、すべての生産を祝い勤労をねぎらうことを趣旨としています。かつての新嘗祭のように、「農業に従事して生産を行うこと」や「五穀など農作物」への感謝をあらわすことから一歩進んで、今日のサービス産業などを含めた幅広い勤労への感謝は、より現代にマッチした考え方と言えるでしょう。

 すべての恵みや勤労の大切さに深い感謝の気持ちをあらわすことは、古くから日本人が育んできたもの。あらゆるものに感謝するのはもちろんですが、まずは自分の身近なところから、家族に「ありがとう」「おつかれさま」と声をかけ、
互いにいたわりあう日にしてみてはいかがでしょうか。
 

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117