誰もが気になっている 東海地震の話 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2021年08月02日
誰もが気になっている 東海地震の話

誰もが気になっている

東海地震の話

店長 石田浩徳 

 

 そう遠くない将来、私たちが住んでいる東海地方にも大きな地震が来るかもしれない。テレビや新聞などで地震に関する様々な情報を目にすることは多いのではないでしょうか。今回は「東海地震」に関するお話です。

 

●東海地震とは
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 東海地震は、南海トラフ地震の一つとされています。「南海トラフ」とは、駿河湾から四国の南の海底へと連なる水深4,000m級の深い溝のこと。この南海トラフ沿いに「フィリピン海プレート」と「ユーラシアプレート」という2つの岩盤が重なっていて、その2つは年に数センチずつ動いています。年月とともに岩盤のずれ(ひずみ)が大きくなり、やがて岩盤ごと跳ね上がることで地震が起こるのです。この状態は繰り返し発生することがわかっていて、南海トラフ地震は過去に何度も起きています。

 東海地震は、駿河湾から静岡県の内陸部を想定震源域とするマグニチュード8クラスの地震とされています。駿河湾地域では御前崎の沈降や湾を挟んだ距離の縮みなど、地殻のひずみの蓄積がわかっています。そのため、東海地震はいつ発生してもおかしくないと考えられているのです。
 
 
 
 
●過去の南海トラフ地震
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 繰り返し起こると言われる南海トラフ地震(東海地震)。ここでは過去に南海トラフ地域で発生したとされるマグニチュード8クラスの巨大地震を挙げてみます。なお、各地震の内容等は諸説あり、特に「安政地震」以前は詳しい資料がないようです。
 

・白鳳地震 684年 : 土佐(南海道沖)、もしくは東海道沖で発生。
・仁和地震 887年 : 南海道沖、もしくは東海道沖で発生。
・永長地震 1096年 : 東海道沖で発生。発生時が近い2つを、永長・康和地震とも言う。
・康和地震 1099年 : 南海道沖で発生。(同上)
・正平地震 1361年 : 南海道沖で発生。同時期に東南海、東海沖でも発生の記録あり。
・明応地震 1498年 : 東海道沖、もしくは南海道沖で発生。死者2万6千人説あり。
・慶長地震 1605年 : 南海トラフでの津波地震、南海トラフ以外など諸説あり。
・宝永地震 1707年 : 東海道沖と南海道沖で同時に発生、それ以外にも諸説あり。
・安政南海地震 1854年 : 南海道沖で発生。死者数千人と推定。
・昭和東南海地震 1944年 : 東南海の西寄りで発生。死者・行方不明者1223人、住家全壊約1万8千棟。
・昭和南海地震 1944年 : 南海で発生。死者1330人、家屋の全壊約1万2千棟。

 
●地震予知について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 少し前まで、東海地震については「日本で唯一直前予知の可能性がある」と考えられてきました。しかし残念ながら現在の見解としては、科学的に「やはり予知はできない」と改められています。

 平成29年8月の内閣府の調査部会(南海トラフ沿いの大規模地震の予測可能性に関する調査部会)の資料によると、「(前略)現時点においては、地震の発生時期や場所・規模を確度高く予測する科学的に確立した手法はなく、大規模地震対策特別措置法に基づく警戒宣言後に実施される現行の地震防災応急対策が前提としている確度の高い地震の予測はできないのが実情である。このことは、東海地域に限定した場合においも同じである。」とあります。

 地震関連では、大震法(大規模地震対策特別措置法)という法律があります。この法は昭和53年に地震予知を前提として、その対応を制定したものでした。その前提である予知が「できない」となったため、現在は新たな防災対応を検討中と思われます。
 
●地震への心構え
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 現在では予知もかなわず、地震はいつやって来るかわかりません。家にいる場合もあれば、外出中だったり、車や電車に乗っている最中かもしれません。いざという時にどうするか、家族で話し合っておくといいでしょう。あらかじめ約束ごとを決めておけば、安全に避難できたり、無理な行動を避けることも可能です。

 避難場所の確認、防災グッズ、家具の倒壊防止など、やるべきことはたくさんありますが、一つ一つ整理しながら備えていきましょう。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117