美しく清潔なトイレ空間にするためのリフォームとは | 名古屋市、豊明市のリフォームならサンリツホーム

サンリツブログ

2017年01月11日
美しく清潔なトイレ空間にするためのリフォームとは

トイレの交換時期は10年が境目

 トイレのリフォームは、狭い空間だからこそ理想に近い完成度が期待できます。しかし、ちょっとした失敗で数年後に再びリフォームすることになったり、小さなストレスになったりすることがあります。

 

 基本的には10年を目安に故障や不具合の可能性も出てくると思いますが、実はこの寿命というのは便器ではなく温水洗浄便座(ウォシュレット)の不調やトイレタンクの故障が多いということをご存じですか?

 

 便器自体の寿命は10年よりもっと長いのです。それには失敗しないトイレ交換に注目した方がいいのではないでしょうか。現在は節水型のトイレも多くそろっているので、失敗しないトイレ選びを心がけてみてください。

 

手洗いつきのトイレは難あり!?

 予算オーバーしてしまったため、手洗いつきのタンクタイプのトイレにしたらなぜかいつも水滴で便座がぬれていることに気が付きます。

 

 これは手洗いを行ったあとに水滴が床や便座に垂れてしまっているからです。タオル掛けの位置もこのようなことを考慮して取り付けないといけません。

 

 しかも狭い空間の中でタンク付きタイプのトイレを設置するとより狭くなってしまいます。手洗いなしのトイレを考えているのであれば、タンクレスの取替えの方が断然よいでしょう。

 

 水はねなどもなくなってお掃除のしやすさもぐんと上がりますし、タンクの水がたまるまで待つというデメリットも解消されるなります。

 

 プランによって収納キャビネットやトイレアクセサリーが豊富な中から選択できるものもあるので室内もスッキリ整理できます。

 

トイレ交換と同時にフロアの張り替えをおすすめします

 トイレ交換と一緒にリフォームを考えてほしいのが、クッションフロアです。シートは床を保護するために耐水性や耐久性に備えた塩ビシートで作られているので、トイレを設置していた場所がくぼんでいたり、変色していたりする可能性が高いです。

 

 また便器から水漏れしていた場合はカビ汚れの痕がついてしまいますから、この機会に張り替えた方がよいでしょう。

 

 現在主流になっている便器はコンパクトになってきているため、床の接地面も小さくなります。トイレの設置痕が目立ってしまい、せっかく新しい便器にしても美観が失われてしまいます。

 

 キレイで清潔なトイレ空間を保つためには、クッションフロアの張り替えは必須といっても過言ではないでしょう。

 

 

施工実績一覧はこちら

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117