屋根葺き替えと屋根カバー工法における基礎知識 | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

サンリツブログ

2018年02月13日
屋根葺き替えと屋根カバー工法における基礎知識

 屋根は強い日差しや雨風から家を保護するための役割を持っています。屋根の改修工事には「葺き替え」と「カバー工法」がありますが、それぞれの特徴を知っていますか?


 今回は、葺き替えとカバー工法の基礎知識について解説していきます。

 

屋根の葺き替え工事とは?

 屋根の葺き替えは、単純に傷んだ屋根を補修するだけでなく、屋根全面を新しくするリフォームのことです。元々ある屋根の下地から表面まで新品に取り替えるので、耐震や雨漏りなどの長期的な改善にもつながります。


 費用は一時的に出費が多くなってしまいますが、トータルコストで考えてみると安く抑えられるでしょう。何度も補修を繰り返し行っていると定期的に費用もかかってしまいますし、建物自体の寿命を縮めてしまう可能性があります。建物の状態によっては、傷みの激しい箇所だけ部分的に一新することも可能です。

 

屋根のカバー工法とは?

 カバー工法とは、既存の屋根を撤去せずに上から屋根材を重ねて補修していく屋根工事です。屋根の塗り替えだけでは十分な効果が期待できない場合に用いられることもあります。屋根材の表面が錆びていたりヒビが入っていたりしても、下地はほとんど傷んでいない場合にカバー工法は効果的です。


 既存の屋根材を撤去する必要がないので、廃材が出ることもなく工事にかかる費用も抑えられます。屋根が二重になるので遮音性・断熱性が上がりますが、屋根の下地が腐食している場合は修理にかかる費用が高くなることも考えられるでしょう。

 

雨漏りに気づいたら早めに屋根の補修を

 雨漏りに気づいたときは、屋根材の老朽化がかなりんでいると思ってください。家全体の大がかりなリフォームになってしまう前に、早めに葺き替え・カバー工法で建物のダメージを防ぎましょう。築10~15年を過ぎたら、屋根の状態チェックを行い定期的に補修工事することをおすすめします。

 

 屋根の葺き替えやカバー工法をお考えの方は、名古屋市対応のサンリツホームをご利用ください。事前に屋根診断を行い、建物の状況を判断した上で最良のプランをご提案いたしますので、ご希望のリフォーム内容で屋根補修が行えます。工事内容で気になることは、その都度丁寧に説明いたしますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117