F様邸(豊明市沓掛町) | 名古屋市・豊明市のリフォーム&外壁塗装ならサンリツホーム

施工実績

2019年11月
F様邸(豊明市沓掛町)

リフォーム箇所
家屋の解体工事・樹木の撤去・産廃処理
  • 建物解体工事 施工後
  • 建物解体工事 施工前
  • 建物解体工事 施工前
  • 建物解体工事 施工後
  • 瓦屋根の解体作業
  • 重機を使った解体作業
  • 杉板は剝がれ土壁が露出
  • 瓦屋根ずれ落ち
  • 重機を使った解体作業
  • F様邸(豊明市沓掛町)
建物種別木造平屋建て
築年数59年
工事期間8日間
お客さまの声
建屋解体という大きな工事も 他社より詳細な見積りに納得 跡地の再生もよろしくお願いします
 今回解体工事の対象となったのは昭和3 5 年築、木造一部屋根裏部屋付の建物です。

 元々、わが家は兼業農家。以前そこには鶏小屋があったのですが、前年の伊勢湾台風で全滅してしまいました。翌年、流された鶏小屋の跡にこの建物を建てて牛を飼っていました。やがて時が経ち、家畜がいなくなった後からは、物置小屋として使うようになりました。

 そこには使い古した農機具、先々代の時代の箪笥、長持、五右衛門風呂、臼など、「開運!なんでも探偵団」が来たら掘り出し物があったかも知れない逸品が、暗闇で眠っていました。

 それはさておき、あの悪夢の伊勢湾台風ほどではないものの、昨年9月に来た台風2 1 号と2 4 号の風のダブルアタックで、この建物の瓦屋根はずれ落ち、側面の杉板は剥がれ飛んで下の土壁が剥き出すという無残な有様となりました。このまま放っておけば、台風災害や地震などにはとても耐えられそうにありません。そこで、この建物は完全に解体し、跡地に車が2台置けるカーポートを作ることを計画しました。

 サンリツホームさんは、近くに住む従弟が彼の実家のリフォーム工事を手掛けた話から繋がって、紹介していただきました。屋敷周りの土手の土が流れかけていて、修復工事を依頼したのがきっかけでした。建屋解体の大工事については金額が大きくなるので、他の業者にも相見積もりを取って比較しましたが、どちらもかなりの高額でした。

 ただ、サンリツホームさんの見積書には行政の手続きや樹木・植栽の撤去、ごみ・産廃の処理等、他社にはない項目が書かれてあったので、お願いすることに決めました。現場作業の職人さんは、いい人ばかりで安心しています。今後とも良いお仕事をお願いします。

リフォームのポイント

古い家屋の解体工事は処分する 物の丁寧な分別作業が重要 諸官庁への届出申請も必須です

 今回ご紹介させていただきますのは、6 0 年前の伊勢湾台風の後に建てられた、木造平屋建て納屋の解体工事です。以前はご両親が農作業をしたり、農機具を収納庫としたりして使われていたそうですが、思い入れもあり、ずっとそのままになっていたそうです。


 しかしながら築後59年が経過して、屋根や外壁の傷みもひどくなって危ないということで、納屋内の荷物処分を兼ねて、解体されることになりました。納屋の中には、木製の脱穀機や五右衛門風呂などの時を感じさせてくれる品物がたくさんあり、懐かしい時代にタイムスリップすることができました。


 しかし、納屋の中は荷物がいっぱいつまっていて、ガラスや金属類、可燃物、廃プラスチック類等に分別する作業が大変でしたが、樹木・植栽まで含めた解体作業は、8 日程で完了しました。家屋の解体工事は、諸官庁への建設リサイクル法、特定建設作業等の申請手続きが必要になります。多少の費用はかかりますが、届出申請は必ずお願いいたします。


 今回は家屋解体後に、折半カーポートの設置、門柱の設置、フェンス工事等のご依頼を頂きまして、9月末日までに完了してほしいご意向でした。ところが消費増税の影響でメーカーに受注が殺到し、納期が1 か月半から2か月かかるということで、解体工事以外は9月末日までに完了することがきませんでした。


 今回は、カーポートまでの完了写真を掲載できませんでしたが、機会がありましたら紹介させていただきます。

リフォームはサンリツホームにお任せください。

【対応可能地域】
愛知県豊明市を中心に、名古屋市・知立市・刈谷市・東郷町・大府市・東海市・安城市でリフォームを承っています。

サンリツブログ

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

  • 〒470-1131 愛知県豊明市二村台2丁目7−3
  • 電話番号:0562-93-8011
  • FAX:0562-93-8117